ギャラリー「樫亭」・本庭

ギャラリー樫亭は、昭和5〜8年に旧福野町長を務めた篠塚六郎氏(故人)の和風邸宅の一部で、広さ約300坪。六郎氏が住んだ当時は、よく俳句会が開かれ、文化人の交流の場でした。跡継ぎが東京に出て以来30年ほど長らく空き家になり、取り壊す案も浮上しましたが、福野地域中心部の由緒ある旧家が次々と消失してしまうのは忍びないと思い、平成19年に買い受け、ギャラリー部分と住居を建て直し、まともな手入れをせずにしてあった本庭を、池を埋め、石舞台等を作り、茶庭風に大改修しました。六郎氏の俳号(半木)にちなんだ茶室「半木庵(はんぼくあん)」と数寄屋風の座敷「樫亭(かしてい)」の原形を保ち、傷んだ部分を修復しました。

 ギャラリーは「花工房みやび」が木製の台や格子に花鉢を飾り、彩りを演出。身障者用のトイレも設置し、幅広い団体が利用できるように配慮。市民の交流空間として陶芸家や染織家による個展を開いたり、お茶会などを定期的に開いています。さまざまなイベントや気楽に集まれる場所としても樫亭をご利用いただけますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

樫亭にある高浜虚子の句碑

昭和34年5月に金沢で大句会が催されたときに、当主の篠塚六郎氏が高浜虚子を樫亭に招き、昼食を共にした際にこの句を詠んだと言われています。
「この庭や樫の落ち葉のとこしなへ」
虚子の書をそのまま写して彫ってあり、落款も有する。
平成19年の本庭の大改修の時、西北の隅に隠れるように有った句碑を、台石を作り、樫の木の下に設置しました。

 

 

イベントスケジュール

ギャラリー樫亭でのイベントスケジュールです。
お問い合わせページよりご連絡ください。

アクセス

ギャラリー樫亭
〒939-1564 富山県南砺市福野1328-1
TEL:0763-22-2874 FAX:0763-22-7638


大きな地図で見る