富山県南砺市・庭づくり、造園設計施工管理、園芸、ギャラリー樫亭

木質バイオマス事業(薪、農業用チップ)

雅では薪割り機を新たに導入し、薪チップの販売をしています。

薪販売はコチラから
・自治体特選ストアバナー

ゴミが資源に!庭やのゴミ問題

庭木から発生するゴミ

雅環境造形では造園を中心に事業をしています。しかし、造園・剪定の際に
発生するものといえば、大量の葉や枝といった剪定ゴミと呼ばれるもの。

庭木から発生する剪定ゴミ

その多くは「産業廃棄物」として処分場で処理されます。
富山県で一般的なお家の庭を剪定すると、30坪のお庭がある家で、その量は
1年で約◯トン。トラック◯台分。樹種にももちろんよりますが、それだけ木は生長するのですね。
雅はその剪定ゴミに目を付けました。

 

庭やだからこそできる原材料

「産業廃棄物」として処分される庭木の剪定ごみは、処分料が発生します。
その処分料はそのままお客さまに上乗せされます。
ときにはその処分料を削るべく、ご自分で大量の剪定ごみを少しずつ袋に
分けて、燃えるゴミとして処分する…とても大変な労力だと思います。

また、最近では実際に管理しきれなくなった庭木の伐採の依頼が多くなり、
ほとんどの造園業者が処分に困っています。

「本来なら資源であるはずの木や葉なのにもったいない…」
「何かに使えないか」

というお客さまの声に耳を傾け、
雅では最近需要が増えつつある木質バイオマス事業をすることになりました。

モッタイナイから始まったバイオマスエネルギー

勢い良く燃える薪

木質バイオマスというのは◯◯◯
木はどんどん使わなければ、山が荒廃してしまいます。同時に林業に従事する人が
いなければ日本の山は成り立たなくなります。それも今後の日本における課題の一つです。
最近間伐材を使う動きが出て来ていますが、こういった林業で発生する間伐材等も
割り箸にしたり、焚き付け用の薪にしたりという動きが木質バイオマスを活用する
動きとなっているのです。

雅ができる木質バイオマス

雅では伐採した木を選定し、樹種に分け、薪割り機にかけて、薪に。
剪定の際に発生した剪定ゴミは、大きな枝等は焚き付け用の薪に。
葉や細かい枝類はチッパーシュレッダーにかけて農業などに使われる
100%天然資源のチップにしました。(竹チップもあります)

用途はスモーク用の   にもなりますよ。

PAGETOP
Copyright © とやまの庭師『雅環境造形』 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.